「走・攻・守」。野球の醍醐味であるすべてを備えた韓国人プレーヤーが四国アイランドリーグplusでまばゆい煌めきを放っている。
徳島インディゴソックスの外野手、ハ・ジェフン。右打席から蜂のように一撃で相手投手を捉えるバッティング。183センチ87キロの身体を蝶のように舞い踊させる走塁。さらに強く正確な肩に広い守備範囲。おまけにマウンドに立てば最速149キロ。トップを独走する本塁打5本を含め、全ての部門でベスト5以内に入る成績含め、リーグでは「別格」の存在感を発している。
 そんな彼がこれまで謎に包まれていた球歴の全てを2回に分けて初公開。前編では高卒で異国の地に渡った決断までをたどります。

J

徳島IS ハ・ジェフン外野手インタビュー(前編)
「男なら大舞台で勝負」高卒でMLB挑戦!!