四国アイランドリーグplus2017チャンピオンシップ第4戦が、10月1日(日)四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀で行われました。試合は4-0で徳島が勝利し、対戦成績3勝1敗で3年ぶり4度目の総合優勝を果たしました。

 表彰選手、監督のコメントは以下のとおりです。

【チャンピオンシップ表彰選手】 ※成績はチャンピオンシップのものです。
■最優秀選手賞:伊藤翔(徳島) 2試合(投球回18) 2勝 16奪三振
■敢闘賞:小牧泰士(香川) 4試合 14打数 4安打

【徳島インディゴソックス・養父鐵監督のコメント】
前期優勝・年間総合優勝出来た事、本当に嬉しく思います。後期厳しい戦いの中、選手達が非常に頑張ったからこそ掴み取れた結果だと思います。この勢いで四国アイランドリーグplusの代表チームとして『独立リーグ日本一』を勝ち取りたいと思います。引き続き熱いご声援を宜しくお願い致します。

【香川オリーブガイナーズ・西田真二監督のコメント】
徳島球団の監督・コーチ・選手の皆様、優勝おめでとうございます。この4戦を振り返って1点の重みを非常に感じました。伊藤翔選手をはじめとした投手陣の好投、そして投手陣をリードした垂井選手の活躍に加え、こちらの弱点を的確に攻める野手陣を跳ね返すことができませんでした。徳島球団にはBCリーグとのグランドチャンピオンシップでもIL代表として勝利を勝ち取って来てほしいと思います。