10月9日(月祝)に第14回みやざきフェニックス・リーグが開幕し、IL選抜は宮崎県宮崎市のひむかスタジアムで、東北楽天ゴールデンイーグルスと対戦しました。

 試合は、先発の岡部(高)が、楽天のオコエ、今江、アマダーを相手に攻めの投球を見せ、5回まで投げ1失点。その後も佐藤秀(愛)の好リードや盗塁阻止もあり楽天打線を3失点に抑えますが、打線は3回の暴投による1点のみで、IL選抜は、1-3で楽天に敗れました。

 IL選抜の次の試合は、10月10日(火)に宮崎市の生目の杜第2野球場で横浜DeNAベイスターズと対戦します。


IL選抜:<投>岡部(高)-阿部(愛)-リチャードソン(香)-加藤(高) <捕>佐藤秀(愛)-三好(香)
楽天 :<投>鶴田-小野-森原-入野-釜田 <捕>堀内

本塁打:中川(楽)
二塁打:今江(楽)、フェルナンド(楽)

【IL選抜・西田監督のコメント】
久しぶりの試合でしたが、楽天がCSを控えて良いメンバーが揃っていたので、選手たちもやりがいがあったと思います。このような相手に2アウトからきっちり抑えられるか、打線もスコアリングポジションで点を取れるかが重要で、今日の内容からみるとそこの差が一番大きかったです。
打線を繋いでいく中で、4番の役割は大きいので、この期間を通してクリス(香)には重要な場面で打てるような選手になってもらいたいと思います。

【IL選抜・佐藤秀選手(愛)のコメント】
コンディション自体は悪くなかったですが、今日の試合では率直に力の差を感じました。
何とか無失点でということを考えていましたが、甘い球は逃さず打ってくるあたりはやはり違いがあると感じました。
捕手としては勝つことが一番なので、明日以降結果にこだわって、チーム一丸となって勝てるように頑張りたいと思います。