みやざきフェニックス・リーグに参加しているIL選抜は、10月10日(火)宮崎県宮崎市の生目の杜第2野球場で、横浜DeNAベイスターズと対戦しました。

 試合は3回、1死一、二塁のチャンスにこの日3安打の四ツ谷(愛)のタイムリーで先制すると、続くクリス(香)の3ランホームランでこの回4点を挙げます。投げては、先発の秀伍(香)が5回を投げ被安打2、7奪三振、1失点の好投を見せると、続く投手陣も無失点に抑え、4-1DeNAに勝利しました。

 IL選抜の次の試合は、10月11日(水)に宮崎県日南市の南郷スタジアムで埼玉西武ライオンズと対戦します。


IL選抜:<投>秀伍 (香)-石田(香)-髙下(愛)-リチャードソン(香)-正田(愛) <捕>三好(香)-佐藤秀(愛)
DeNA :<投>綾部-福地-尾仲 <捕>佐野

本塁打:クリス(香)
二塁打:四ツ谷2(愛)、網谷(De)

【IL選抜・西田監督のコメント】
昨日試合後に4番の役割について少し話しましたが、その4番のクリスが序盤のいいところでよく打ってくれました。やはりいいところで4番が打つとチームものっていくということです。
四ツ谷も早いカウントから積極的な打撃を見せ、投手陣は、守備で若干乱れる場面もありましたが、秀伍がテンポよく投げてくれました。横浜さんも若い選手が多いですが、若いチームとの対戦というところでは、巨人さんやソフトバンクさんとの交流戦の経験が活きているのではないかと思います。
そういうところでも今日はピッチャー陣が役割をしっかり果たしてくれました。
昨日負けて、今日勝つことができたので、また明日が勝負だと思っています。

【IL選抜・クリス選手(香)のコメント】
昨日はチャンスで3回まわってきて、結果を出すことができませんでしたが、今日は最初のチャンスで、(ホームランを)1本打てたことは、残りの試合に向けて自信に繋がりましたし、ホームランを打つバッターが少ないチームなので、率先して長打を打ち、チームの力になれるよう頑張りたいと思います。