四国アイランドリーグplus選抜と千葉ロッテマリーンズとの試合が、6月29日(金)ロッテ浦和球場で行われました。四国アイランドリーグplus選抜は7-8で惜しくも敗れましたが、打撃陣ではクリスが4安打を記録し、最終回には白方が適時二塁打を放ちました。投手陣では2番手河津が、2回無安打無失点に抑える好投を見せ、畝、嘉数が各1回を無失点に抑えました。

四国ILplus選抜
<投>秀伍(香)-河津(愛)-畝(香)-原田(香)-嘉数(高)
<捕>三好(香)-安藤(高)

千葉ロッテマリーンズ
<投>唐川-成田-岩下-山本-安江-関谷-東條
<捕>金澤-柿沼

本塁打:和田(M)、香月(M)
三塁打:瀬口(徳)
二塁打:肘井(M)、安田(M)、三家(M)、白方(香)

【IL選抜・西田監督のコメント】
クリスも4安打を放ち、ペレスにも1本ヒットが出て、打線は徐々に繋がってきました。最後も粘り切ることができましたが、投手陣は秀伍、原田で8失点。このようなアピールの場でもっと平常心で自分のピッチングをしてほしかったと思います。この2試合失点が多いので、投手陣は変化球を含め、低めにしっかりと球を集めることが大事だと思います。細かい反省は様々ありますが、打線の繋がりという意味では、今日は非常に良かったと思います。しかしやはり負けは負けですから、明日の最終戦、頑張ります。また、河津は久しぶりのピッチングでしたが、緩急を使ったピッチャーらしい良いピッチングをしたと思います。今日は河津のピッチングにつきます。

【IL選抜・河津選手(愛)のコメント】
今日は短いイニングでのピッチングでしたが、自分の持ち味を最大限に活かすことができたので、それが結果に繋がったと思います。今日はいいピッチングができてよかったです。