四国アイランドリーグplusでは、2018年シーズンも、NPB(日本プロ野球機構)所属球団である福岡ソフトバンクホークス(3軍)とIL加盟4球団がそれぞれ前期4試合、後期4試合をホーム&アウエーで合計8試合の定期交流戦「ソフトバンク杯」を行い、IL4球団の間で、通年勝率による順位を争っております。
本日9月10日、高知ファイティングドッグスが福岡ソフトバンクホークス(3軍)と2試合を行い、1敗1分けとなりました。その結果、徳島インディゴソックスのソフトバンク杯優勝が決定しましたので、お知らせ致します。
優勝しました徳島インディゴソックス・石井監督のコメントは以下のとおりです。

【徳島・石井貴監督】

「ソフトバンク杯では、特に後期シーズン投手陣が頑張ってくれました。前期最下位からの反省が生きた優勝ですので、若い選手の自信に繋がったと思います。たくましくなった選手に、引き続き、ご声援を宜しくお願い致します。」

ソフトバンク杯順位表はこちらをご参照ください。
http://www.iblj.co.jp/result/