みやざきフェニックス・リーグに参加しているIL選抜は、10月9日(火)宮崎市のKIRISHIMAひむかスタジアムで、斗山ベアーズと対戦しました。
 試合は、2回裏に宮田(高)のタイムリーヒットで1点を先制します。6回表に3点を失いますが、7回裏に4本のヒットなどで5点を奪い、逆転に成功します。投げては先発・岡部(高)が6回3失点も、力強い投球で4つの三振を奪い、7回以降は2番手・伊藤(徳)、3番手・クインティン(愛)が無失点に抑え、3-6で斗山ベアーズに勝利しました。
 IL選抜の次の試合は、10月10日(水)に宮崎市の生目の杜運動公園第2野球場で読売巨人軍と対戦します。

斗山 :     <投>金慜圭-朴鐘己-洪相三-文大元       <捕>崔容薺
四国ILplus選抜 :<投>岡部(高)- 伊藤(徳)-クインティン(愛) <捕>安藤(高)-福田融(愛)

本塁打:金到炫(斗)
二塁打:趙修行2(斗)

【IL選抜・河原純一監督のコメント】
今日の試合は、先発した岡部が6回3失点の及第点の内容で投げてくれましたが、チームとして昨日に続きホームランを打たれてしまいました。選手たちは四国内の試合でホームランにされない球を、1つ上のレベルの選手たちには簡単にホームランにされてしまうところの、一球の大切さや厳しさを味わっていると思うので、次回の登板に繋げてほしいと思います。攻撃では高知の安藤、髙井、宮田がいいバッティングをしてくれて、相手のミスもありましたが、いい形で逆転をし、勝つことが出来たので良かったと思います。この勝利を明日の巨人戦にも繋げていきたいと思います。

【IL選抜・宮田孝将選手(高)のコメント】
昨日の得点が安藤のホームランのみで、チームとして何とか点を取りたいという中で、たまたま1打席目にチャンスで回ってきたので、何とか打ってやろうという気持ちで打席に立ちました。その結果、いい形に繋がったので良かったです。チームの方も、相手のミスがあったとはいえ、6点を重ねることが出来たので、このまま次戦にも繋がればいいと思います。また、今後そこに自分も貢献できれば良いと思っています。1打席1打席を大切にして、特にチャンスで1本を打てるように取り組んでいきたいと思います。