四国アイランドリーグplusでは、10月25日(木)に行われたNPBのドラフト会議において、四国アイランドリーグplus加盟球団から、下記の1名の選手が指名されましたことを、お知らせ致します。これでNPBへの輩出数は通算62名、NPBドラフトにおきまして、四国アイランドリーグplusから14年連続、通算54名の選手をNPBに輩出しました。
 指名選手のプロフィールとコメントは下記のとおりです。

【千葉ロッテマリーンズから育成1巡目指名】
徳島インディゴソックス:鎌田 光津希(かまた みずき) 投手
1995年9月6日生まれ、千葉県出身、身長180cm、87kg、右投右打。
横芝敬愛高校~敬愛大学~徳島インディゴソックス(2018年入団)

【ILでの年度別成績】
2018年 : 17試合4勝3敗1S 防御率2.49(76回) 79奪三振

【鎌田 光津希選手のコメント】
 この度千葉ロッテマリーンズより育成1巡目指名を受けました。正直、今はホッとしています。これからまたさらにステージが上がりますが、それに負けず、この徳島で過ごした1年間を糧に日々努力して頑張ります。常に強気で攻め、どんな選手が相手でも圧倒的に押し切ることができるストレートを投げ込み、勝てる投手になりたいです。1日でも早く一軍で活躍し、今まで応援して頂いた皆様に恩返しが出来るよう、また多くの人に感動を与えられるように精一杯頑張ります。今まで温かいご声援、本当にありがとうございました。