この度、四国アイランドリーグplus(以下「四国IL」)を運営する株式会社IBLJは、 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山晃弘、以下「アイリスオーヤマ」)との間で、地域社会の課題解決及びセカンドキャリア人材の活用に取り組むための戦略的パートナーシップ契約を締結することになりましたので、お知らせ致します。


アイリスオーヤマは、2010年より参入した法人向けLED照明事業を中心に、全国70にも及ぶ拠点で地域密着型の法人向け事業展開の拡大に取り組んでいます。そうした中で、今年3月に新規参入したスポーツ施設事業では、LED照明の導入による競技施設の効率的利用や高い安全性と快適性を実現しながら維持管理費を低減できる人工芝の提案などを通じてスポーツを取り巻く環境の改善に取り組んでいます。
四国ILは、今回の契約を通じて、地域社会が直面している課題解決に共同で取り組むとともに、スポーツ産業の振興による四国全体の地域活性化に貢献していきます。
さらに、地域社会の課題の一つであるプロスポーツ選手のセカンドキャリアに対しても、株式会社スポーツビズ(本社:東京都、代表取締役社長:山本雅一)の「GATHERサポート※1」と連携して、リーグ所属球団の引退選手の雇用をご支援頂き、地域の将来を担う子供たちが安心してプロスポーツ選手を目指し、引退後も地域に根ざした充実ある第二の人生を送れる機会の創出を図っていきます。

※1:アスリートキャリア支援、企業間サポート支援等