四国アイランドリーグplusでは、本日9月10日(火)の高知対香川戦において、2位の香川が敗戦となったため、愛媛マンダリンパイレーツの後期優勝が決定致しました。
 愛媛マンダリンパイレーツの後期優勝に際し、四国アイランドリーグplus4球団監督のコメントは以下の通りです。

【愛媛・河原純一監督】
「後期シーズンは投手陣が試合を作ることが出来たので、前期と比べて落ち着いて戦うことが出来ました。また、野手も少しずつ粘り強さが出てきたと思います。シーズン終盤、選手たちは勝ちたいという想いで、優勝に向けて全員が一丸となって集中して取り組めたと思います。
コーチ、トレーナー、スタッフ陣、応援してくださったファンの皆様全員で掴んだ結果です。次は徳島とのチャンピオンシップですが、今の集中力を切らすことなく試合に臨みたいと思います。愛媛ファンの皆様、チャンピオンシップも応援よろしくお願いします。」

【香川・西田真二監督】
「愛媛マンダリンパイレーツ、球団関係者の皆様、後期優勝おめでとうございます。
ガイナーズも最後まで健闘し、選手たちも良く戦ってくれましたが、パイレーツは投打に粘り強いチームだったと思います。勝ち数では、上回ったもののここが野球の難しさだと思いました。最終戦で優勝を決めたかったところですが、ファンの皆様には大変申し訳ありませんでした。
来シーズンこそは総合優勝を目指し、チーム作りをしたいと思います。今シーズンもご声援ありがとう御座いました。」

【徳島・牧野塁監督】
「愛媛マンダリンパイレーツ球団、関係者の皆様、後期シーズン優勝おめでとうございます。後期シーズンでは、勝負どころでの粘りやここぞという場面での一本を防ぐことが出来ず、自分達がやりたい野球を愛媛球団にやられてしまったという印象です。ただ、私たちもチャンピオンシップではこの悔しさをバネに必ず優勝したいと思っております。シーズン中も皆様の熱いご声援が力になりましたが、最後の舞台もファンの皆様と共に熱く戦いたいと思っていますので、応援のほどよろしくお願いいたします!」

【高知・駒田徳広監督】
「愛媛マンダリンパイレーツの皆様、優勝おめでとうございます!前期は愛媛球団にやられていたので、後期は何とかやり返そうと思っていましたが、持ち前の機動力と安定感のある守備に苦戦し、最後まで流れに乗ることができませんでした。今年で高知球団を退団しますが、高知ファイティングドッグスファンの皆様、引き続きご声援の程、よろしくお願いいたします。」