10月7日(月)にみやざきフェニックス・リーグが開幕し、IL選抜は宮崎県日南市の南郷スタジアムで、埼玉西武ライオンズと対戦しました。試合結果は以下のとおりです。
 IL選抜の次の試合は、10月8日(火)に宮崎市の清武総合運動公園第2野球場で北海道日本ハムファイターズと対戦します。

埼玉西武ライオンズ
投:渡邉-齊藤大-田村 捕:牧野

四国Ilplus選抜
投:又吉-山崎-石田-髙橋-畝 捕:三好-藤澤

本塁打:鈴木(西)
二塁打:愛斗(西)

【IL選抜・養父鐵監督のコメント】
今日は初戦だったので勝ちにいきたいと思い試合に臨みました。その中で普段は抑えの又吉が先発し、4回まで無失点に抑えてくれました。投手陣が最終回に制球を乱し走者をためて、得点を許すという場面もありましたが、野手陣も最後まで得点を奪うことができなかったので、そこは反省点です。明日以降、一戦一戦、勝利できるよう最善を尽くしていきたいと思っています。

【IL選抜・又吉亮文選手(香)のコメント】
まずは初戦ということで、チームが流れに乗るためにも、僕が崩れないことが大事だと思ってマウンドに行きました。7月の関東遠征で西武と対戦した時に、愛斗選手にホームランを打たれてしまったので、今日は同じ失敗を繰り返さないために、丁寧に投げました。その結果しっかりと抑えることができたので、少しは成長を見せることができたと思います。明日以降、自分がどのような場面で投げるかはわかりませんが、監督は自分のことを信頼してマウンドに送ってくれていると思うので、任されたイニングは無失点に抑え、良いリズムで味方の攻撃に繋げられたらいいなと思います。