四国アイランドリーグplusでは、2019年公式戦の最優秀審判賞に、石川隼大氏を選出致しましたので、お知らせ致します。石川審判員には、四国アイランドリーグplusより賞金、株式会社ドーム様より盾が、贈呈されました。

【表彰日時・場所】
10月31日(木)高松国際ホテルで開催された「四国アイランドリーグplusAWARD2019」にて表彰が行われました。

【表彰内容】
四国アイランドリーグplusより目録(賞金)を贈呈
株式会社ドーム様より盾を贈呈

【石川 隼大(いしかわ はやた)氏プロフィール】
1994年10月18日生まれ 静岡県掛川市出身 身長172cm 体重75kg
磐田東高校〜NPBアンパイア・スクール〜四国アイランドリーグplus

NPBアンパイアスクール受講後、四国アイランドリーグplus審判員に。2年目となる2019シーズンは、公式戦、NPB交流戦、チャンピオンシップ、グランドチャンピオンシップなど、年間約130試合を裁いた。
なかでも、平成最後の完全試合と言われる4月16日高知球場での高知FD-福岡SBH三軍戦で球審を務め、また勝ったほうが独立リーグチャンピオンとなる2019グランドチャンピオンシップ第5戦で球審を務めた。

※最優秀審判賞は、IL加盟全球団の監督・コーチ・球団代表からの投票により決定されます。