四国アイランドリーグplusでは、2016年シーズンも、NPB(日本プロ野球機構)所属球団である福岡ソフトバンクホークス(3軍)とIL加盟4球団がそれぞれ前期4試合、後期4試合をホーム&アウエーで合計8試合の定期交流戦「ソフトバンク杯」を行い、IL4球団の間で、通年勝率による順位を争っております。
 本日9月11日、愛媛マンダリンパイレーツが福岡ソフトバンクホークス(3軍)に勝利しました。1位の香川オリーブガイナーズと愛媛マンダリンパイレーツが勝率で並びましたが、ソフトバンク杯優勝決定方法により、得失点差で愛媛マンダリンパイレーツのソフトバンク杯優勝が決定しましたので、お知らせ致します。
優勝しました愛媛マンダリンパイレーツ・弓岡監督のコメントは以下のとおりです。

【愛媛・弓岡敬二郎監督】

「この度のソフトバンク杯優勝、本当に嬉しく思います。
厳しい戦いが続く中で選手たちが諦めずによく頑張ってくれた結果だと思います。
この勢いで後期優勝、そして年間総合優勝を勝ち取りたいと思います。
引き続きご声援をよろしくお願いします。」

ソフトバンク杯順位表はこちらをご参照ください。
http://www.iblj.co.jp/result/