IL年間総合優勝の愛媛マンダリンパイレーツとBCL優勝の群馬ダイヤモンドペガサスとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2016第5戦が、10月10日(月祝)群馬県の前橋市民球場で行われました。試合は3回裏、先発の柴田がヒット3本を浴びて、群馬に2点を先制されます。
 打撃陣は5回表、2死1塁3塁の場面から、吉田がレフト前へタイムリーヒットを放って1点を返し、その後四ツ谷の死球で満塁にすると、代打古川がライトにヒットを放ち、ランナー2人がホームへ生還。3対2と逆転に成功します。
 7回裏から北方が登板するも2本のヒットを打たれ、樽見に交代。しかし樽見は5番チャベスに3ランホームランを打たれ、逆転を許します。その後古村に交代しますが、群馬の勢いを止めることができず、さらに1点を追加され、この回一挙4点を失いました。
 打撃陣は8回表は四ツ谷、9回表は林がヒットを放ち塁に出ますが、後続が続く事ができず3対8で群馬に敗れました。この結果、対戦成績は群馬の3勝2敗となり、群馬の優勝が決定しました。

20161010%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2

愛媛マンダリンパイレーツ : <投>柴田-伴-正田-北方-樽見-古村-阿部 <捕>鶴田
群馬ダイヤモンドペガサス : <投>南-町田-柿田-山崎-堤 <捕>八木

本塁打 :井野口(群)、チャベス(群)
二塁打 :竹内(群)、森岡 (群)、八木(群)

【群馬ダイヤモンドペガサス・平野謙監督のコメント】
非常に嬉しいです。選手に感謝します。今年は監督を初めて経験し、独立リーグが右も左もわからない私に選手が教えてくれました。私の方が選手から優勝をプレゼントしてもらったと思います。
来年は選手に恩返しとして優勝出来るよう、また一から皆で作っていきたいです。
最後に、球団関係者、ファンの皆様、そしてスポンサーの皆様のお陰で球団初の独立リーグ日本一を達成出来ました。一年間ご声援本当にありがとうございました。
今後とも群馬ダイヤモンドペガサスにご声援宜しくお願い致します。

【愛媛マンダリンパイレーツ・弓岡敬二郎監督のコメント】
群馬ダイヤモンドペガサスの皆さま、日本一おめでとうございます。ならびに球団関係者、ペガサスファンの皆さまにも心よりお祝い申し上げます。
昨年に続く連覇を目指しましたが、あと一歩、力およびませんでした。このグランドチャンピオンシップも選手たちは本当に良くやってくれたと思います。
愛媛マンダリンパイレーツファンの皆さま、一年間、最後まで応援してくださり本当にありがとうございました。