四国アイランドリーグplusでは、2017年シーズンも、NPB(日本プロ野球機構)所属球団である福岡ソフトバンクホークス(3軍)とIL加盟4球団がそれぞれ前期4試合、後期4試合をホーム&アウエーで合計8試合の定期交流戦「ソフトバンク杯」を行い、IL4球団の間で、通年勝率による順位を争っております。
本日9月12日、ソフトバンク杯1位の高知ファイティングドッグスが福岡ソフトバンクホークス(3軍)と引き分け、ソフトバンク杯優勝が決定しましたので、お知らせ致します。
尚、高知ファイティングドッグスはソフトバンク杯初優勝となります。
優勝しました高知ファイティングドッグス・駒田監督のコメントは以下のとおりです。

【高知・駒田徳広監督】
「浮き沈みがあるシーズンの中で、このソフトバンク杯では投手陣がよく踏ん張ってくれました。シーズンの優勝から遠ざかっているチームにとって、この優勝経験はとても大きな意味があると思います。次は後期優勝を目指して残り試合を頑張りますので、引き続きご声援をよろしくお願いします。」

ソフトバンク杯順位表はこちらをご参照ください。
http://www.iblj.co.jp/result/