News

2018/10/15 リーグ

フェニックス・リーグ サムスン – IL選抜 試合結果

みやざきフェニックス・リーグに参加しているIL選抜は、10月15日(月)宮崎市の生目の杜運動公園第2野球場で、サムスンライオンズと対戦しました。
試合は、3回表に谷田(徳)のライト前ヒットで1点を先制します。直後に同点に追いつかれましたが、4回表には1死1塁から岡村(愛)のツーベースヒットで勝ち越します。投げては先発・加藤(高)が5回4安打1失点で試合を作り、片山(愛)、石井(高)、クインティン(愛)、伊藤(徳)もそれぞれ無失点に抑え、6-1でサムスンライオンズに勝利しました。
IL選抜の次の試合は、10月16日(火)に日南市の南郷スタジアムで埼玉西武ライオンズと対戦します。

四国ILplus選抜:<投>加藤(高)-片山(愛)-石井(高)-クインティン(愛)-伊藤(徳)
       <捕>安藤(高)-福田融(愛)

サムスン    :<投>崔池光-安徒源-孟誠柱-金昇賢-金施炫 <捕>徐珠原

二塁打:尹禎彬(SL)、岡村(愛)、髙井(高)、福田融(愛)、金浩材(SL)

【IL選抜・河原純一監督のコメント】
今日は先発の加藤がしっかりとゲームを作ってくれました。これまでの試合より、ストレートも変化球も低めに決まっていて良かったと思います。今日の投手陣に関しては、この試合の中で四球がゼロということで、相手は韓国チームでしたが、無駄な四球を出さなければ、失点も少なく済むということを選手たちも感じることが出来たと思います。相手がNPB球団の時も今日のような投球をしてほしいと思います。
攻撃陣に関しては全員が繋ぐ意識を持って、しっかりと攻撃することが出来ました。今日は宮崎に来てからヒットが1本も出ていなかった岡村が、ヒットを3本打ち、良い攻撃が出来たと思います。明日で第2クールも最終日となりますが、何とか勝って五分で折り返したいと思います。
【IL選抜・岡村雄斗選手(愛)のコメント】
今まで全然結果が良くなかったので、今日の試合は何としても打とうという気持ちで臨みました。2打席目でヒットを打つことができ、気持ちが楽になったので、そこからの打席は積極的に攻めることが出来ました。
思い切ってやった結果、良い結果が出たので、自分にとってプラスになりました。今後の試合でもこの調子で、積極的に振っていきます。

PDF形式はこちら【216 KB】