News

2018/10/17 リーグ

9月度読売新聞月間MVP及び 読売新聞チャンピオンシップMVP受賞選手の発表

四国アイランドリーグplus(以下、四国IL)は、今シーズンより、オフィシャルメディアパートナーである読売新聞大阪本社(以下、読売新聞/所在地:大阪府大阪市北区)と共同で、『読売新聞月間MVP』を創設致しました。
この賞は、読売新聞の四国IL担当記者に、毎月、当月の成績や活躍度、チームへの貢献度を基に月間のMVP選手を選出して頂きます。また、チャンピオンシップにおきましても、同様にMVP選手を1名選出して頂きます。受賞した選手には、読売新聞よりギフトカード1万円分が贈呈されます。
9月度読売新聞月間MVP及び読売新聞チャンピオンシップMVP受賞選手が以下のとおり決定しましたので、お知らせ致します。

■9月度読売新聞月間MVP
【愛媛マンダリンパイレーツ】
河津 大樹 (投手・背番号18)

<受賞理由>
9月度において、救援投手として8試合に登板し、12イニングで自責点0のほぼ完璧な投球を見せ、愛媛の後期優勝に貢献したため。

<河津選手・受賞コメント>
この度は、9月度読売新聞月間MVPに選出して頂き、大変嬉しく思います。
9月は負けられない試合ばかりで、プレッシャーがかかる中での登板が多かったですが、チームのみんなが頑張ってくれたおかげで抑えることができました。そして、多くのファンの皆様のおかげで後期優勝することができました。ご声援本当にありがとうございました。

■読売新聞チャンピオンシップMVP
【香川オリーブガイナーズ】
石田 哲也 (投手・背番号18)

<受賞理由>
チャンピオンシップの第1、4戦の中盤の難しい局面で救援し、相手に試合の流れを渡さず、2試合とも勝利投手となり、香川の総合優勝に大きく貢献したため。

<石田選手・受賞コメント>
この度は、読売新聞チャンピオンシップMVPに選出して頂きありがとうございます。この受賞は、私自身だけの力ではなく、チームメイト、西田監督、コーチ、トレーナーそして、応援してくださったファンの皆様の力があったからこそだと思っています。本当にたくさんのご声援ありがとうございました。

PDF形式はこちら【117 KB】