News

2018/10/21 リーグ

フェニックス・リーグ IL選抜 – 千葉ロッテ 試合結果

 みやざきフェニックス・リーグに参加しているIL選抜は、10月21日(日)日南市の天福球場で、千葉ロッテマリーンズと対戦しました。
 試合は、1点を追う2回裏、福田健(徳)と若原(高)の連打で同点に追いつきます。投げては先発・石田(香)が6回4安打1失点の好投を見せると、石井(高)、河津(愛)も無失点に抑えます。5回裏、平間(徳)と藤原銀(高)の連打で1死1、2塁とチャンスを作りますが、後続が倒れ無得点に終わります。最後まであと1本が出ず、1-1で引き分けとなりました。
 IL選抜の次の試合は、10月23日(火)に宮崎市のアイビースタジアムで横浜DeNAベイスターズと対戦します。

千葉ロッテ :<投>関谷-土肥 <捕>吉田-江村
四国ILplus選抜:<投>石田(香)-石井(高)-河津(愛) <捕>安藤(高)-福田融(愛)

三塁打:李杜軒(M)、福田健(徳)
二塁打:宗接(M)

【IL選抜・吉田豊彦監督代行のコメント】
今日の試合は第3クール最終戦でしたので、何とかみんなで勝ちにいこうと臨んだ試合でした。攻撃の方では、失点した後に福田健の三塁打を皮切りに同点に追いつき、良い集中力を発揮してくれたと思います。ヒットは出ているのに得点に絡まないという点が、今後の課題になりますが、積極的な攻撃は継続してほしいと思います。投手陣を含めた守りの方では先発の石田が6回4安打1失点という成績で、失点に絡むヒットは少しアンラッキーな三塁打となりましたが、その中で要所を締めて、1点で凌いだことは評価できると思います。ファーストストライクをどんどん取って、テンポの良いピッチングが出来ていたので、自分の中で良いピッチングの感覚を掴めたではないかと思うので、自信に変えてほしいです。ここまでの4試合を通して、最初の試合以外は、状況に応じた判断が出来ていて良い内容だったと思います。しかし競った試合の中で勝ち切れない点では、もっと勢いに乗って攻撃をしなければならないので、次のクールからは大事な場面で集中力を高めていけるようにしたいと思います。

【IL選抜・石田哲也選手(香)のコメント】
この2次メンバーになってからまだ1勝もできていなかったので、自分がアピールするのと同時に勝ちにこだわりたいと思い、試合に臨みました。ストライク先行でリズムの良いピッチングが出来たと思います。自分としては満足のいく投球内容で、点を取られた2回以外はランナーを出してもしっかりと抑え、打たせて取ることが出来たので良かったです。今後の試合では、個人としては任された場面で、自分に出来ることを考え、勝利に貢献しアピールしていきたいと思っています。チームとしては、やはり勝った方が面白いので、勝つことが出来るよう、ベンチワークも含めて頑張っていきたいと思います。

PDF形式はこちら【220 KB】