News

2018/10/24 リーグ

フェニックス・リーグ IL選抜 – 北海道日本ハム 試合結果

 みやざきフェニックス・リーグに参加しているIL選抜は、10月24日(水)宮崎市のSOKKENスタジアムで、北海道日本ハムファイターズと対戦しました。
 試合は、1回裏に藤原銀(高)、白方(香)の連打でチャンスを広げると、福田健(徳)のタイムリーヒットと岡村(愛)の犠牲フライで2点を先制します。投げては先発の四戸(愛)が6回7安打1失点の力投を見せると、2番手以降の三木田(徳)、石本(徳)、河津(愛)もそれぞれ1イニングを無失点に抑え、2-1で北海道日本ハムファイターズに勝利しました。
 IL選抜の次の試合は、10月25日(木)に宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で埼玉西武ライオンズと対戦します。

北海道日本ハム:<投>中村-藤岡貴-田中豊 <捕>郡-清水
四国ILplus選抜 :<投>四戸(愛)-三木田(徳)-石本(徳)-河津(愛) <捕>三好(香)-福田融(愛)

二塁打:淺間(F)、清宮(F)、髙井(高)

【IL選抜・吉田豊彦監督代行のコメント】
今日は、2次メンバーで初勝利することが出来ました。相手投手の立ち上がりを攻め、藤原銀と白方の連打でチャンスを作り、福田健の適時打と岡村の犠飛で先に点を取ることが出来ました。投手は先発の四戸が最初から強気でガンガンと攻めていくスタイルで、良い投球だったと思います。5回以降、少し疲れが見えましたが、自分でバランスを整えて一球一球集中して投げることが出来ていたので、1失点で抑えられたのだと思います。中継ぎの投手陣もそれぞれが自分の役割を果たし、その中で得られるものがあったのではないかと思います。
選手も疲れが溜まってくる頃だと思いますが、集中力を切らさず明日以降も試合に臨みたいと思います。

【IL選抜・河津大樹選手(愛)のコメント】
今日は1イニングという短いイニングの登板でしたが、1点差での登板でしたので緊張しました。しっかりと抑えることが出来て良かったです。いつも応援してくれているファンの皆様のおかげだと思っています。ありがとうございます。これからも頑張りますのでよろしくお願いします!

PDF形式はこちら【210 KB】