News

2018/10/29 リーグ

フェニックス・リーグ最終戦 IL選抜 – 東北楽天 試合結果

みやざきフェニックス・リーグに参加しているIL選抜は、10月29日(月)宮崎市の生目の杜運動公園第2野球場で、東北楽天ゴールデンイーグルスと対戦しました。
試合は、2回表に先制を許します。IL選抜は、2回から5回まで毎回ランナーを出しますが、ヒットが繋がらず得点に結びつけることが出来ません。4回表にも追加点を許しますが、5回以降は森崎(香)、石井(高)、河津(愛)がそれぞれ無失点に抑えます。9回裏、若原(高)がヒットで出塁しますが、後続が倒れ0-7で敗戦となりました。
本日の試合で全日程を終え、IL選抜は4勝11敗3分けの戦績で、2018年のみやざきフェニックス・リーグを終了致しました。

東北楽天      :<投>渡邊佑-井手-鶴田-高梨-松井-森    <捕>山下-石原
四国ILplus選抜:<投>又吉(香)-森崎(香)-石井(高)-河津(愛)  <捕>福田融(愛)

本塁打:岩見(E)
三塁打:松本(E)
二塁打:山下(E)、山田(E)、松本(E)

【IL選抜・吉田豊彦監督代行のコメント】
今日の試合は良いところなしの完封負けでした。後半、監督代行としてチームを見てきましたが、投手も打者も、力の差、体の大きさ、スピード、パワーなど、あらゆる点でNPB選手とのレベルの差を感じた10試合でした。この10試合の中から各選手が様々なことを感じて学び、次のステップアップに役立ててくれたらこのフェニックス・リーグに参加した意味があったと言えると思うので、今後のスキルアップに繋げてくれたら嬉しいです。最後に、フェニックス・リーグにご協力頂いた関係者の方々に感謝致します。来年もアイランドリーグを盛り上げることができるよう頑張りますので、今後ともご声援を宜しくお願い致します。

【IL選抜・福田融司選手(愛)のコメント】
試合中にはNPB選手との特別な差を感じることはありませんでしたが、試合が終わった時には結果として負けていて、勝ち切れない試合が多かったので、それぞれがチームに帰ってこのフェニックス・リーグでの経験を活かし、来年以降の自分たちの野球人生に繋げていきたいと思います。とても仲が良く、みんなが一生懸命勝利に向かっていた良いチームだったので、自分としてはこの場に来ることが出来て良かったです。このフェニックス・リーグ期間中お世話になった関係者の方々、いつも応援してくださるファンの皆さま、本当にありがとうございました。

PDF形式はこちら【217 KB】