News

2016/06/10 リーグ

北米遠征Can-Amリーグ公式戦・第1戦 白星スタート!

 アメリカ現地時間6月9日(木)19時05分(日本時間6月10日(金)8時05分)より、四国アイランドリーグplus ALL STARS (IL選抜)のCan-Amリーグ公式戦・第1戦が、サセックスカウンティー・マイナーズと行われました。
 試合は、2回表、河田(高知)の右中間を深々と破る三塁打の後、古川(愛媛)の先制となる適時二塁打が飛び出し、同点とされた3回表にはザック(高知)の犠飛で勝ち越します。5回表には、ザック(高知)が記念すべき北米遠征での第1号となる本塁打を放ちました。

 投手陣は、先発の原田(香川)が5回を被安打3、失点1と好投します。続く間曽(香川)は2回を5奪三振と相手を寄せ付けず、9回裏は平良(高知)が抑え、IL選抜が7-1で勝利しました。

試合結果は以下のとおりです。

勝:原田負:Walczak

<継投>
ILplus選抜
投:原田-間曽-嘉数-平良
捕:垂井

サセックスカウンティー・マイナーズ
投:Walczak-Cisco-Speer-Wood
捕:Soto

本塁打:Jacobs(SCM)、ザック(IL)
三塁打:河田(IL)
二塁打:古川(IL)、Thomore(SCM)

【中島輝士監督のコメント】
去年、北米遠征で6勝したんだけど、きょうがベストゲームじゃないかなと思う。ただ、これに油断せずに。こんなもんじゃないので。ピッチャーがよく抑えてくれたし、打線がつながって14安打も打ってくれた。ある程度、先発投手がゲームを作ってくれればこういうゲームになる。ザックのホームランも効いたけど、そのあと3連打で1点獲れたのが大きかった。

【宗雪キャプテンのコメント】
1勝するのは大変ですが、初戦でまず1勝できたのは大きいことだと思います。監督も言われたんですけど、ピッチャーが抑えて、野手がしっかり打った。本当に内容のいいゲームだったと思います。ピッチャーが粘ってくれて野手が先制点を獲れれば、きょうみたいなゲームができる。あすの試合も早く先制点が獲れるように頑張ります。

【林選手のコメント】
調子もいいですし、前期シーズンが終わってから変えてみた部分があって。それがいい感じで来てますね。真っすぐに対しては自信があるので。野球の本場というか、真っすぐを重視していると思うんですけど、遅れずに打てているのは自信になります。

【ザック選手のコメント】
北米遠征チームで初めてのホームランですよね。とても気持ちいいね。ホームに来ている感じでプレーができている。2年前、プレーする場所を代えて、チャンスが欲しいと思ってやってきた。きょうはとにかく気持ちいいスイングができた。練習からすごくいい感触があった。駒田監督に教えてもらったバッティングテクニックを生かせたと思う。

【原田選手のコメント】
打たれたホームランが)もったいなかったですよね。一応、試合は作れたかなあと思います。だいぶ、緊張はありましたね。「初戦だ」という部分が一番緊張しました。ホームステイ先のお父さんが、今朝も「頑張ってね」とLINEでメッセージをくれたり、応援してくれる方がこんなにもいるんだというのを感じていたので。「これは負けられへんな」と思っていました。

PDF形式はこちら【150 KB】