News

2016/06/12 リーグ

北米遠征Can-Amリーグ公式戦・第3戦 粘り強く戦うも、延長タイブレークでサヨナラ負け

 アメリカ現地時間6月11日(土)19時05分(日本時間6月12日(日)8時05分)より、四国アイランドリーグplus ALL STARS (IL選抜)のCan-Amリーグ公式戦・第3戦が、サセックスカウンティー・マイナーズと行われました。

 試合は、3回表に松澤と平間の連続安打で1塁、3塁とすると、ワイルドピッチで松澤がホームを陥れ、1点を先制。さらに、ザックのタイムリーヒットで、この回2点を奪います。
 5回裏には2-2の同点とされますが、なおも無死満塁の場面に投入された佐藤が、後続を完全に断ち、傾きかけた流れを止めます。
 その後は両チーム点が入らずに北米遠征初となる延長戦へ。
 無死2塁からのタイブレーク方式となった11回表には、相手エラーとザックのこの日2本目となるタイムリーヒットで2点の勝ち越しに成功します。
 しかし、11回裏、あと一人で勝利というところまでこぎつけながら、三塁打とエラーが絡み2失点。再度、同点に追いつかれると、12回裏、四死球2つとヒットで1点を取られてしまい、北米遠征初の3連勝とはなりませんでした。

 試合結果は以下のとおりです。

【サセックスカウンティー・マイナーズ 対 四国アイランドリーグplus ALL STARS】
0611イニングスコア

勝:Santiago 負:嘉数

<継投>
ILplus選抜
投:正田-佐藤-岸本-平良-嘉数
捕:鶴田-垂井
サセックスカウンティー・マイナーズ
投:Donino-Speer-Kole-Santiago
捕:Soto

三塁打:Dent(SCM)

【中島輝士監督のコメント】
ミスしたほうが負けだよな。野球人生で初めてだよ、タイブレークなんて。最後の場面はもうしょうがない。相手もイケイケだったから。あそこは一、二塁になって、死球で満塁になった時点でもう勝負あった。これもひとつの経験だよ。あした、どれだけ福永が投げてくれるか。いいとこまで行ったけど、負けは負けだから。なんとか明日勝って、3勝1敗で次のチームとやりたいね。

【佐藤選手のコメント】
自分でもビックリです。無死満塁のとき(5回裏)は、3つ三振獲るつもりで行って。まず1個獲れたのが良かったです。スライダーが自分のなかでは一番自信があるので、三振はスライダーと、1個だけフォークで獲りました。外国人はすぐ打ってくれるので、分かりやすかったですね。とりあえず、ボールゾーンに変化球を落とせば振ってくれたので。あとは真っすぐを低めに集めて、キレのいいボールを投げていれば……。

【平良選手のコメント】
10回裏のマウンド(二死一、三塁)に関しては、二塁に進めてもいいなと思って。しかも初見のバッターだったので、とりあえず(ストライク)ゾーンで勝負するというか、腕振って勝負していこうと。1球目で空振りが獲れたので「いけるかな」と思って、3球とも同じ球でいきました。11回のタイブレークは、ブルペンに帰ったときに聞きました。2点差だったので、とりあえず二塁ランナーは還してもいいから、アウトカウントを増やしていこうと思って。四番に4回ほどタイムをかけられましたけど、相手がイライラしているのは確かだったので「ミット、ミット」と思って、ミットだけ見て投げました。

【平間選手のコメント】
勝ちたかったですね。3試合やって、慣れないセカンドでそれなりにいいかな、と思います。
― ファインプレーが連続していますが
日ごろの行いが……(笑)まあ、集中できているからだと思います。

なお、試合の状況は、随時、四国アイランドリーグplus公式Twitterで、動画、写真をまじえながら配信中。
https://twitter.com/Shikoku_IL_plus

また、詳しい試合レポートやIL選手の試合成績詳細は下記をご覧ください。
北米遠征レポート:http://bb-nippon.com/ib/column/1558-2016report

試合終了数日後にはなりますが、ダイジェスト動画も配信しております。
https://www.youtube.com/channel/UCw5h_EQv-ubTxbsb3CDFnrA

PDF形式はこちら【243 KB】