News

2016/06/16 リーグ

北米遠征Can-Amリーグ公式戦・第6戦 延長10回サヨナラHR浴び、惜しくも勝利逃す

 アメリカ現地時間6月15日(水)11時05分(日本時間6月16日(木)0時05分)より、四国アイランドリーグplus ALL STARS (IL選抜)のCan-Amリーグ公式戦・第6戦が、ニュージャージー・ジャッカルズと行われました。

 1回表、相手のエラーで林が2塁に出ると、続く四ツ谷の進塁打でランナーを3塁へ進め、3番松澤がライト前へのタイムリーヒット。ゲーム開始から早々に1点を奪います。
 先発は木下で、1回裏は2三振含む三者凡退と、上々の立ち上がりに見えました。
 しかし、2回裏は1安打3四球で2点を献上するなど、突如制球に苦しみ、3回裏からはフィリップスにスイッチ。7回裏まで被安打3、失点1と、急なロングリリーフの中、結果を出しました。
 打撃陣は8回表、加藤が四球で塁に出た後、捕逸の間に2塁へ。続く平間のヒットで1塁3塁とすると、林のセーフティーバントを、相手の投手が一塁へ悪送球。1点を返し、なおも1塁3塁の場面で、四ツ谷がスクイズを決め、3-3の振り出しに戻します!
9回表には先頭の小林が四球で出塁し、古川(敬)が犠打を決め、加藤が四球で1塁を埋めた後、垂井の進塁打で2塁3塁とした場面で、平間選手がこの日2本目のセンター前ヒットを放ち、2人がホームに生還。ついに勝ち越します。
 しかし、投手陣が踏ん張れず、9回裏にヒット2本と四球で同点とされると、10回裏には昨日に続いてCharlesにホームランを打たれ、惜しくもサヨナラ負けとなりました。

 通算成績は3勝3敗、ジャッカルズとの対戦成績は1勝1敗です。

 試合結果は以下のとおりです。

【ニュージャージー・ジャッカルズ 対 四国アイランドリーグplus ALL STARS】
1
(延長10回)
勝:Stokes 負:岸本
<継投>
ILplus選抜
投:木下-フィリップス-嘉数-平良-岸本
捕:垂井
ニュージャージー・ジャッカルズ
投:Sosa-Sheehan-Stock-Stokes
捕:Stock
本塁打:Charles(NJJ)

【中島輝士監督のコメント】
ガンガン打たれて点を獲られたんじゃなくて、抑えられる場面で獲られたのがもったいないよね。やっぱり野球は何が起こるか分からないから、しっかり抑えないと。勝てる試合で負けてしまった。4日間で3試合が延長戦と、ちょっと中継ぎ陣が疲れてきてる。フィリップスはよく投げたけど。

【平良選手のコメント】(9回裏に同点を許す)
打たれたバッター(一番・O’Neil)に関しては「フォアボールでもいいかな。攻め切ろう」と思ったんですけど、どこかしらストライクを獲りに行っちゃったのかな、というか。気持ちのなかでちょっと緩んだ部分があったんですかね。初球のパスボール(記録はつかず)もあって、ふわっとしてしまったというか。自分の投げるケースって、きょうみたいなサヨナラがかかってる場面って多いと思うんですけど、きょうの反省点としては、歩かせてもいい状況で真っすぐで勝負しに行っちゃった。そこは自分のなかで反省しないといけないなと思います。

【平間選手のコメント】(途中出場で2安打)
調子よかったので、出たら絶対行ってやろうというか、結果が欲しかった。チャンスで打てたのが一番うれしかったです。点が欲しいところで獲れたので。流れ的にも良かった。こっちのピッチャーは真っすぐが多くて。速いんですけど、真っすぐなので対応はできる。アイランドリーグのピッチャーよりも速いですけど。動く球もそう気にはならないです。3戦目は途中から出ても最初から出ても、集中してできるように。チャンスメークしたいと思います。

なお、試合の状況は、随時、四国アイランドリーグplus公式Twitterで、動画、写真をまじえながら配信中。https://twitter.com/Shikoku_IL_plus
詳しい試合レポートは下記をご覧ください。
北米遠征レポート:http://bb-nippon.com/ib/column/1558-2016report
試合終了数日後にはなりますが、ダイジェスト動画も配信しております。
https://www.youtube.com/channel/UCw5h_EQv-ubTxbsb3CDFnrA

PDF形式はこちら【250 KB】