News

2016/06/26 リーグ

北米遠征Can-Amリーグ公式戦・第15戦 4点差追いつくも、あと1歩及ばず 通算成績6勝9敗

 カナダ現地時間6月25日(土)19時5分(日本時間6月26日(日)8時5分)より、四国アイランドリーグplus ALL STARS (IL選抜)のCan-Amリーグ公式戦・第15戦が、トロワリヴィエール・エーグルスと行われました。

 1回裏、先発の正田が3連打を浴びて満塁にされると、押し出しの四球を与えて1点を先制されます。続く2回裏には2本のヒットと2つの四死球、さらに2つのエラーが絡んで3点を許し、序盤から4点をリードされる苦しい展開となりました。

 しかし、打撃陣は5回表に河田がツーベースで塁に出ると、続く鶴田のレフト前ヒットで1点を返します。その後、平間も死球で出塁し、四ツ谷が送りバントを決め2塁3塁とすると、林のファーストゴロとワイルドピッチの間に2点を挙げ、4-3とします。6回表には、河田がツーベースで出塁すると、平間のタイムリーヒットが飛び出し、4-4の同点としました。

 正田はその後得点圏にランナーを置くものの、粘りの投球を続け、追加点を許しません。8回裏からマウンドに上がった岸本は、1回を3人で抑えて役割を果たします。9回裏からは良にマウンドを託しますが、先頭打者をピッチャー強襲のヒットで塁に出すと、送りバントで2塁へ進められ、最後はセンター前にサヨナラヒットを打たれてゲームセットとなりました。

 4点差に追いつくも、その後あと1本が出ず、惜しくも2戦連続のサヨナラ負けとなりました。通算成績は6勝9敗となりました。

試合結果は以下のとおりです。
【トロワリヴィエール・エーグルス 対 四国アイランドリーグplus ALL STARS】
トロワリヴィエール・エーグルス 対 四国アイランドリーグplus ALL STARS
勝:Downing 負:平良

<継投>
ILplus選抜
投:正田-岸本-平良
捕:鶴田-垂井

トロワリヴィエール・エーグルス
投:Blanchette-Alvarez-Downing
捕:Grave-Lafrenz

二塁打:河田 2(IL)、宗雪 2(IL)、Mateo(TRA)

【中島輝士監督のコメント】
追い着いただけに悔しいね! (8回表、無死二塁の場面)なんとか河田がしてくれると思ったんだけどねえ。一気に行きたかったんだけど、あそこで三振が一番ダメなんだよね。まあでも、バントのサインはよぎらなかったから。河田の感じも良かったし。これはもう結果論だからしょうがないね。正田の序盤の失点が痛かった。特に2回。不運な当たりもあったんだけど、ちょっと始めのほう、体が重そうだった。でも、きのうの嫌な内容とは違う感じがする。結果的には同じサヨナラ負けだけど、内容的には選手みんな頑張ってくれたので。これもいい勉強だし、オレらにとっても課題っていうかね。こういうゲームをものにすることが今後、四国アイランドリーグのレベルアップのための課題だと思います。

【正田選手のコメント】(先発して7回4失点)
きのうまでの4試合で先発が3イニング(以内で降板)というのが3試合続いてて、中継ぎがホント、フル回転、フル回転だったので。「とにかく7回!」というのは、自分のなかで思ってました。最初バタバタしましたけど、なんとか粘れて。初回も2回もクイックにしてからのほうが、まだバランスが良かったので、3回は頭からクイックに変えました。野手が応えてくれたので「もうひと踏ん張り!」と、7回は行かせてもらったんですけど。

【四ツ谷選手のコメント】(初の一番打者)
打順が変わったんですけど、いつも通り。塁に出ようというのは変わらなかったです。とりあえず、後ろがいいバッターなので。その前にチャンス作れば、得点につながるんじゃないかなと思って。僕が塁に出れば結構、盛り上がってくれるので。フォアボールでもなんでも、とにかく塁に出ればいいかなとは考えてました。

【宗雪選手のコメント】
上がってきたというか、根本からすべてを変えたという感じなので。腕の使い方は(中島)監督で、タイミングの取り方と足の着き方は勝呂さんなんですけど。2人の意見を参考にさせてもらいながらやっているのが「調子が上がってきた」というよりは、それに慣れてきたというか、ものにできてきているかなあという感じです。自分自身も強いスイングをしたいと思ってましたし、これをどんどん自分の形にしていけられればと思っているので、今後もこのまま行こうと思います。

【河田選手のコメント】
(8回表、無死二塁)あそこで三塁に進めておけば、大珠(古川大珠、香川OG)が犠牲フライで1点だった。守備でも正田さんのときにポテンヒットがあったんですけど(1回裏)あれも、もうちょっと一歩目が速かったら、全然捕れてる打球だったので。でも、いままでできてなかった後ろの打球を目を切って捕るのができたのは、プラスになって自信になりました。力の差はそんなにないと思うんですけど「ここ!」っていうチャンスの場面で1本打ってくる。そういうところで勝敗が分かれてくると思うし、自分もチャンスの場面で仕事してたら、また変わってたと思うので。チャンスで集中して、あしたからやっていきたいです。

なお、試合の状況は、随時、四国アイランドリーグplus公式Twitterで、動画、写真をまじえながら配信中。
https://twitter.com/Shikoku_IL_plus

詳しい試合レポートは下記をご覧ください。
北米遠征レポート:http://bb-nippon.com/ib/column/1558-2016report

試合終了数日後にはなりますが、ダイジェスト動画も配信しております。
https://www.youtube.com/channel/UCw5h_EQv-ubTxbsb3CDFnrA

PDF形式はこちら【174 KB】