News

2016/10/02 リーグ

グランドチャンピオンシップ第2戦 試合結果

IL年間総合優勝の愛媛マンダリンパイレーツとBCL優勝の群馬ダイヤモンドペガサスとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2016第2戦が、10月2日(日)愛媛県の坊っちゃんスタジアムで行われました。試合は両チーム6回までスコアに0が並ぶ投手戦になりました。しかし先発の正田が7回表、カラバイヨにソロホームランを浴び、先制を許します。9回からは北方がマウンドに上がるも2四球を出し降板。代わった佐藤宏も流れを止めることができず、2点を失います。打撃陣は9回裏、先頭のポロが左中間を抜ける打球を放ち、3塁へ向かうと、中継から3塁への送球が悪送球となり、その隙に本塁へ生還します。その後2死1塁2塁の場面から四ツ谷の適時打で1点差に詰め寄ると、捕逸で2塁3塁に進塁し、チャンスを広げます。ここで吉田が放った打球がセンターの頭を越えてランナー二人が生還し、逆転に成功。愛媛マンダリンパイレーツのサヨナラ勝ちとなりました。
これで通算成績は愛媛の2勝となり、2年連続日本一に王手をかけました。
第3戦は10月8日(土)18時30分から前橋市民球場で行われます。

20161002%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2

群馬ダイヤモンドペガサス : <投>伊藤-堤 <捕>八木
愛媛マンダリンパイレーツ : <投>正田-陽建福-樽見-柴田-北方-佐藤宏 <捕> 鶴田-松浦

本塁打 :カラバイヨ(群)
三塁打 :ポロ(愛)
二塁打 :鶴田(愛)、永井(群)、吉田(愛)

【愛媛マンダリンパイレーツ・弓岡敬二郎監督のコメント】
チーム全員の諦めない気持ちが功を奏して大逆転勝利に繋がりました。ホーム最終戦に相応しい戦いが出来たと思います。あと一勝、群馬で勝ち取りたいと思います。応援よろしくお願いします。

【愛媛マンダリンパイレーツ・吉田選手のコメント】
みんなが必死で繋いでくれた場面だったので、必ず自分が決めるという強い気持ちで打席に入りました。次は群馬のホームということで厳しい戦いになると思いますが、しっかり準備してあと一勝を勝ち取りたいと思います。応援よろしくお願いします。

PDF形式はこちら【139 KB】