News

2016/10/10 リーグ

フェニックスリーグ ヤクルト- IL選抜 試合結果

 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、 10月10日(月祝)西都市の西都原運動公園野球場で東京ヤクルトスワローズと対戦しました。試合は1回裏松澤(香)、小林(徳)、河田(高)の3連打で1点先制します。続く加藤(香)が四球を選び満塁にすると、古川(香)が2点タイムリーヒットを放ち、3対0とします。一方投手陣は2回表に先発の木下(徳)がソロホームランを浴びて1点、4回表に間曽(香)が3安打を浴びて2点を失います。3対3の同点とされ試合は振り出しに戻りますが、5回裏に暴投と河田(高)の犠牲フライで5対3と勝ち越します。2点のリードを守りたいですが、7回表、山藤(徳)がランナーを1塁2塁に残してマウンドを冨田(香)に託します。しかし直後に2点タイムリースリーべースを浴び、同点に追いつかれます。8回裏に先頭の河田がスリーベースを放ちチャンスを作りますが、得点につなげる事ができず、5対5の引き分けとなりました。
 IL選抜の次の試合は、10月11日(火)日南市の南郷スタジアムで埼玉西武ライオンズと対戦します。

20161010%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2

ヤクルト:<投>近藤-竹下-岩橋-山本-土肥 <捕>中村-山川
IL選抜:<投>木下(徳)-間曽(香)-太田(香)-岡部(高)-山藤(徳)-冨田(香)-平良(高)
    <捕>高島(香)-浅野(高)

本塁打:西田(YS)
三塁打:荒木(YS)、河田(IL)
二塁打:西田(YS)、宗雪(IL)

【IL選抜・西田監督のコメント】
今日は初回から点が取れて良かった。ピッチャー陣は木下は良かったが他の投手が踏ん張れなかったのが誤算でした。
ヤクルトは一軍レベルの選手が多かったので、選手には良い経験になりました。選手は日々成長していると思います。

【IL選抜・河田選手のコメント】(2安打2打点)
チームに貢献できるタイムリーと犠牲フライが打てて良かったです。次試合以降もNPB入りに向けてアピールし続けます。

PDF形式はこちら【127 KB】