News

2016/10/31 リーグ

四国アイランドリーグplusAWARD2016が開催されました

 10月31日(月)、四国アイランドリーグplusAWARD2016が、高松市の高松国際ホテルで開催されました。このイベントは、四国アイランドリーグplus2016の優勝チームや個人タイトルを獲得した選手への表彰式と、今年四国アイランドリーグplusがお世話になった方々へのお礼懇親会を兼ねて行われたものです。今年のAWARDには、リーグやチームのスポンサー企業・株主・行政・報道関係者・ファンの皆さま、そしてILの監督・コーチ・スタッフ・表彰を受ける選手ら約200人が出席しました。今回、表彰された選手たちのコメントは下記のとおりです。

【年間MVP・後期グラゼニMVP・首位打者・ベストナイン(三塁手):ラファエル・ポロ選手(愛媛MP)】
「この度、このようなタイトルを獲得することができ、大変嬉しく思います。年間総合優勝を目指して日々取り組んだ結果であり、自分一人では決してここまでやって来れなかったと思うので、監督コーチをはじめ、チームメイト、応援していただいた全ての方々に感謝したいと思います。本当にありがとうございました。」

【年間グラゼニ賞・最多奪三振:福永 春吾選手(徳島IS)】
「2年連続で最多奪三振を獲得する事が出来て本当に嬉しく思います。自分が在籍した2年でこの賞だけは他の誰にも明け渡す事なくNPBに行くことが出来ました。今後更なる飛躍をする為に練習に励みます。本当に多くの県民の皆様、スポンサーの皆様の応援のおかげだと思います。これからも応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました。」

【最多打点・ベストナイン(一塁手):小林 義弘選手(徳島IS)】
「最多打点、ベストナインのタイトルを受賞する事ができ、非常に光栄に思います。タイトルを受賞できたのも1年間使い続けてくれた監督コーチ、良い場面で回してくれたチームメイト、応援してくれたファンの皆様、またスタッフの方々、皆に支えられて受賞できました。これからも日々精進して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。」

【最多盗塁・ベストナイン(外野手):橋本 球史選手(徳島IS)】
「今年は最多盗塁を目標にやってきたので、とても嬉しいです。信じて走らせてくれた監督、コーチ、また応援してくれたファンの方々のおかげだと思っています。ありがとうございました。」

【最多勝利・ベストナイン(投手):松本 英明選手(高知FD)】
「この度ベストナインに選んでいただきありがとうございます。今まで自分がタイトルをとれると思っていなかったので本当に嬉しく思います。最多勝並びにベストナインをいただけるようになれたのも吉田コーチの指導のおかげだと思います。また、毎回球場に足を運んで頂き熱い御声援を送ってくれた皆様のおかげでもあります。練習生からのスタートで、この5年間辛かったり悔しい事の方が多かったですが、5年間で色々な方と出会い、人間的にも成長させて頂きました。スポンサー様、ファンの皆様、本当に御支援、御声援ありがとうございました。」

【最多セーブ・四国アイランドリーグplus特別賞(WHIP):平良 成選手(高知FD)】
「1年間通して抑えで起用していただいた監督、コーチに感謝しています。また、この賞を獲得するためには、チーム全員の力があった上で、自分のパフォーマンスが発揮できた結果だと思います。自分自身で最後と決めて望んだシーズンで、このような賞を受賞できたことを大変うれしく思っています。来年についてはまだ分かりませんが、このシーズンで得た経験は来年以降にも活かせると思います。今年1年、四国アイランドリーグplus並びに高知ファイティングドッグスに携わっていただいた全ての方々に感謝しています。ありがとうございました。」

【ベストナイン(捕手):鶴田 都貴選手(愛媛MP)】
「この度ベストナインに選んで頂きありがとうございます。一年間捕手として任せてくれた監督、コーチに感謝しかありません。ベストナイン受賞に関しては自分一人では成しえなかった事だと思います。トレーナー、チームメイトにも感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。」

【ベストナイン(二塁手):吉田 圭志選手(愛媛MP)】
「この度、ベストナインに選んでいただきありがとうございます。1年間、1番セカンドを任せてくれた監督・コーチに感謝したいと思います。来年は今年以上の結果を出すために精進します。今年一年応援して頂きありがとうございます。」

【ベストナイン(遊撃手):大城 優太選手(高知FD)】
「やったぜー!この度はベストナイン遊撃手部門に選出していただきありがとうございます。今年は、駒田監督、勝呂コーチのもと、より高いレベルを追究し、日ごろ指導していただいた結果がこのような受賞につながりました。このベストナイン選出を自信につなげて、来年はさらにレベルアップを図り、チームの優勝と自身のNPB入りを目指してチームを引っ張っていきます!今まで以上に期待してかわいがってください!来年こそは真のスーパースター目指して頑張ります!センキュー!!!」

【ベストナイン(外野手)・四国アイランドリーグplus特別賞(最多出場試合):林 敬宏選手(愛媛MP)】
「1年目から優勝、ベストナインと素晴らしい経験が出来たと思います。ですが、北米遠征など切磋琢磨した仲間がドラフト指名され、悔しい思いもしました。来年は日本一奪還、そしてドラフト指名を目標に1年間戦っていきます。今後とも応援よろしくお願いします。」

【ベストナイン(外野手):板倉 寛樹選手(香川OG)】
「この度はベストナインに選んでいただき誠に光栄に思います。選出していただきました各球団の監督、コーチの方々、また応援していただきましたファンの皆さま本当にありがとうございます。今年以上に、来年は自分を磨き全てにおいてレベルアップした姿をお見せしたいと思いますので今後ともよろしくお願い致します。」

【最優秀審判:木田 大貴氏】
「この度は最優秀審判賞に選出していただき誠にありがとうございました。この賞に選んでいただいたのも、リーグ関係者の皆様、ファンの皆様、そして良き先輩、同僚に恵まれ、様々な方々のご支援、ご協力を頂いたおかげです。これからもご指導、ご支援を頂いた皆様に少しでも恩返しできるよう、さらに技術の研鑽を重ね、精進して参ります。この度は本当にありがとうございました。」

PDF形式はこちら【176 KB】