News

2017/10/14 リーグ

フェニックスリーグ 東京ヤクルト – IL選抜 試合結果

 みやざきフェニックス・リーグに参加しているIL選抜は、10月14日(土)宮崎県西都市の西都原運動公園野球場で、東京ヤクルトスワローズと対戦しました。

 試合は初回、無死一、二塁のチャンスで四ツ谷(愛)がタイムリーヒットを放ち先制すると、古川(愛)の犠牲フライでさらに1点を奪い、序盤優位に試合を進めます。投げては、先発の岡部(高)が4回途中までを無失点、後続の阿部(愛)、リチャードソン(香)、正田(愛)が2失点に抑え、4-2で東京ヤクルトに勝利しました。

 IL選抜の次の試合は、10月15日(日)に宮崎県宮崎市の生目の杜第2野球場で千葉ロッテマリーンズと対戦します。


IL選抜 :<投>岡部(高)-阿部(愛)-リチャードソン(香)-正田(愛) <捕>佐藤秀(愛)
ヤクルト :<投>寺島-屋宜-久古-風張 <捕>古賀

本塁打:西浦(S)
三塁打:吉田(香)
二塁打:古川(愛)、四ツ谷(愛)

【IL選抜・西田監督のコメント】
今日の試合は、先制できたことで主導権を握り、投打がうまく噛み合った内容のある試合が出来ました。
特に守備では小牧、四ツ谷の好守が良かったです。1軍クラスの選手が出ている中で投手陣はよく抑えてくれたと思います。次戦以降も内容のある試合をしたいと思います。

【IL選抜・古川選手(愛)のコメント】
前回の試合くらいから、感覚が良くなってきている中で、1本打てたことは良かったと思います。
また凡打になった打席でもあたりは悪くなかったと思います。これで2勝3敗となりましたので、なんとか勝ち越せるように明日以降も頑張ります。

PDF形式はこちら【139 KB】