News

2018/10/13 リーグ

フェニックス・リーグ 北海道日本ハム – IL選抜 試合結果

 みやざきフェニックス・リーグに参加しているIL選抜は、10月13日(土)日向市のお倉ヶ浜総合公園野球場で、北海道日本ハムファイターズと対戦しました。
 試合は、初回に岸(徳)、谷田(徳)の二者連続ホームランで先制します。先発の伊藤(徳)も3回を投げて、1安打無失点の好投を見せます。しかし、4回裏、投手の変わり目に連打を浴び、逆転を許します。9回表、岸(徳)が相手のミスで出塁しチャンスを作ると、4番・ヘイドーン(愛)がホームランを放ち、2点を返しますが、4-5で惜しくも敗戦となりました。
 IL選抜の次の試合は、10月14日(日)に日南市の天福球場で千葉ロッテマリーンズと対戦します。

四国ILplus選抜 :<投>伊藤(徳)-石井(高)-加藤(高)-河津(愛)-クインティン(愛)
<捕>福田融(愛)-安藤(高)
北海道日本ハム:<投>吉田-田中豊-玉井<捕>郡
本塁打:岸(徳)、谷田(徳)、森山(F)、ヘイドーン(愛)
二塁打:姫野(F)、郡(F)、難波(F)

【IL選抜・河原純一監督のコメント】
 攻撃陣は、3本のホームランでの得点だけでしたが、3本ともホームランは良かったと思います。ただ2回~8回はなかなかランナーを出すことが出来ず、淡々とした攻撃となってしまいました。もう少しコンパクトに次に繋ぐ意識で打席に入ってほしいと思います。
 投手陣は、高知の石井が調子を落としているので、今後の試合に向けて、調子を上げてきてほしいです。5試合を終えて、2勝3敗と負け越しているので、明日は必ず勝って3勝3敗に出来るよう、頑張りたいと思います。

【IL選抜・伊藤克選手(徳)のコメント】
 今年初めての先発で緊張していましたが、とにかく先頭バッターを抑えようと思い、マウンドにあがりました。3回は四球で先頭バッターを出してしまいましたが、何とか落ち着いて投げることが出来たので良かったです。相手は格上の選手ばかりですが、これからの試合も全力で抑えたいと思います。

PDF形式はこちら【211 KB】