News

2018/10/13 リーグ

グランドチャンピオンシップ第3戦 試合結果

 IL年間総合優勝の香川オリーブガイナーズとBCL優勝の群馬ダイヤモンドペガサスの対戦となった、日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2018第3戦が、10月13日(土)群馬県の前橋市民球場で行われました。
 香川は初回1点を先制しますが、その後逆転を許します。4回、三好のタイムリーヒットなどで同点に追いつきますが、再び勝ち越しを許します。1点ビハインドで迎えた8回、白方のツーベースヒットで勝ち越しに成功しますが、その裏に追いつかれ、6-6で引き分けとなりました。
 第4戦は10月14日(日)18:00から前橋市民球場で行われます。


※延長10回規定により引き分け

香川オリーブガイナーズ :<投>秀伍-畝-原田 <捕>三好
群馬ダイヤモンドペガサス:<投>田代-センテノ-南-荻野 <捕>速水-小見山

本塁打:青木(群)
二塁打:藤井(群)、加藤(香)、白方(香)

【香川オリーブガイナーズ・西田真二監督のコメント】
今日の試合は継投した畝と原田が良く投げてくれたと思います。打線も徐々に繋がり、ガイナーズの意地を見せることが出来ました。
香川からも多くのファンの方が来られているので、明日も勝利して、独立リーグ日本一となれるよう精一杯戦いたいと思います。

【香川オリーブガイナーズ・白方克弥選手のコメント】
得点した直後の回に逆転をされるなど、厳しい展開でしたが、チームの雰囲気も良い状態で、試合を運ぶことが出来ました。
8回の打席はそれまでの打撃結果が良くない中、初球を狙って思い切り振ろうと思い、打席に入りました。今日の試合で首の皮一枚繋がったので、明日は勝利を目指して戦います。

PDF形式はこちら【126 KB】