アメリカ現地時間6月10日(金)19時05分(日本時間6月11日(金)8時05分)より、四国アイランドリーグplus ALL STARS (IL選抜)のCan-Amリーグ公式戦・第2戦が、サセックスカウンティー・マイナーズと行われました。
試合は、2回表、中安打で出塁した絶好調の古川(愛媛)が盗塁に成功。続く、垂井(徳島)の安打で1塁3塁にすると、1塁ランナーの垂井がスタート。キャッチャーが2塁へ投げた瞬間に3塁ランナーの古川が本塁を陥れ、1点を先制します。
6回表にはエラーで出塁した林(愛媛)がすかさず盗塁を試みたところ、2塁への送球が逸れて林は3塁へ。さらに、センターからの返球を内野手が弾いた隙にホームイン。追加点をあげました。
9回表には古川(愛媛)、平間(徳島)にもタイムリーヒットが生まれ、2点を追加。
昨日の試合で盗塁を2個刺した垂井が、今日は3安打と打撃の方でも活躍しました。
投手陣も先発の松本(高知)が、5回1/3を無失点と好投すると、間曽(香川)、嘉数(高知)、岸本(香川)がリードを守り切り、北米遠征2連勝となりました。

試合結果は以下のとおりです。

【サセックスカウンティー・マイナーズ対四国アイランドリーグplus ALL STARS】

勝:松本S:岸本負:Hanson<継投>ILplus選抜投:松本-間曽-嘉数-岸本捕:垂井サセックスカウンティー・マイナーズ投:Hanson-Wood-Gonzalez-Santiago捕:Irving二塁打:Austin(SCM)

【中島輝士監督のコメント】
ピッチャーで守り勝った試合でした。ミスはあったんだけど、そのなかでしっかり戦えたのがポイントというか。日本でもそうなんだけど、最後にミスしたほうが負けるからね。きっちり日本らしい野球をしないといけないし、そういうのを見せられたらいいと思う。まだ北米遠征で3連勝がないからね、それをぜひできれば。

【松本選手のコメント】
昨日勝っているので「その流れを止めたくない!」という感じで、思い切って向かって行きました。去年、ストレートを痛打されたので、そのストレートを生かすためのチェンジアップと、スライダーで勝負できたらなと思っていました。自分でも合格点かなと思いますが、最後の6回にツメの甘さが出たかなと思います。

【嘉数選手のコメント】
昨日は探り探りだったんですけど、雰囲気がいつもと違うなかでストライクを先行できた。きょうは点差もあったので、簡単に打ち損じてくれた。僕がフォアボールを出さなければ、そんなに大ケガはないかなと思っているので。ホームランだけ気を付けて投げました。

【垂井選手のコメント】
3安打はええとこに転がっているだけです。相手も少しずつですけど、対応しようとしているのは感じているので。あとの2戦、多分もっと対応してくる。いままでとはまた違う配球とかじゃないと。同じ手なら対応してくると思います。

なお、詳しい試合レポートやIL選手の試合成績詳細は下記をご覧ください。
北米遠征レポート:http://bb-nippon.com/ib/column/1558-2016report

試合終了数日後にはなりますが、ダイジェスト動画も配信しております。
https://www.youtube.com/channel/UCw5h_EQv-ubTxbsb3CDFnrA