みやざきフェニックス・リーグに参加しているIL選抜は、10月10日(水)宮崎市の生目の杜運動公園第2野球場で、読売巨人軍と対戦しました。
 試合は、3回まで先発の鎌田(徳)がヒットを1本も許さないピッチングを披露しますが、4回裏に3点を失います。IL選抜は6回表に相手の守備のミスの間に1点を返しますが、6回裏以降も、投手陣が失点を重ねて、1-8で敗戦となりました。打線は谷田(徳)、瀬口(徳)、ヘイドーン(愛)、新井(愛)がそれぞれ1安打を記録しました。
  IL選抜の次の試合は、10月11日(木)に宮崎市のKIRISHIMAひむかスタジアムで東北楽天ゴールデンイーグルスと対戦します。

四国ILplus選抜:<投>鎌田(徳)-河津(愛)-クインティン(愛)-石井(高) <捕>福田融(愛)
巨人 :<投>大竹-アダメス-巽-戸根 <捕>田中貴-宇佐見

本塁打:宇佐見(G)
三塁打:増田(G)
二塁打:石川(G)、山本2(G)

【IL選抜・河原純一監督のコメント】
 投手は、鎌田が4回こそ打たれてしまいましたが、比較的良く投げていたと思います。しかし、普段打たれない球を打たれてしまうというところに、投手陣はレベルの差を痛感していると思います。これを経験に今後、自分がどうしていくかが大切になると思います。
 野手は、巨人の1軍クラスの投手を相手に、打つことが難しそうでしたが、どうしたら打つことができるかをしっかりと考えて、今後練習に取り組んでもらいたいですし、この経験を無駄にせず頑張ってほしいと思います。次にどう活かすかを見据えて、前向きに頑張ってほしいと思います。

【IL選抜・鎌田光津希選手(徳)のコメント】
 初回はテンポよくアウトを取ることができましたが、点を取られた4回は少し高めにボールが浮いてしまい、その結果、連打を浴び流れが悪くなってしまいました。その中でも、ストレートの球威はしっかりとアピールすることが出来たと思います。次の試合では、今日よりももっと強い球を投げて、四球やヒットが出ても気にせず、自分の強いストレートを投げていきたいと思います